リフレクソロジー

Reflexology

足裏や甲には身体全体の器官や臓器の反射区(リフレックス/ゾーン)が集まっています。
左足には左半身の、右足には右半身の反射区が、また、足の指先に頭部の反射区、踵は腰の反射区というように体のつくりと対応して分布しており、その状態を指で感じながら刺激することにより、対応する器官や臓器にまで働きかけて活性化させるのがリフレクソロジー(反射区療法)です。

アメリカから世界へ

足や手を刺激して不調を癒す方法は古代からエジプトやインド、中国などで行われていましたが、現代リフレクソロジーの礎となる「ゾーンセラピー」が確立されたのは20世紀初頭、アメリカ人の外科医フィッツジェラルド博士によります。
麻酔が発達していなかった当時、患者さんが手術の痛みを堪えようと足の裏や手のひらを物に押し付けているのを目にして、何か関連性があるのでは、と研究を始めたそうです。
その後「リフレクソロジーの母」と呼ばれるアメリカ人理学療法士ユーニスインガム女史によって体系化され、反射区チャートが作られ、アメリカからヨーロッパ、そして世界各地へ広まってゆきました。
ラナクラニのリフレは台湾式をベースにしていますが、刺激的な痛い施術ではなく、リフレクソロジーの考え取り入れた、優しく痛気持ちいい施術です。

グラウンディングリフレクソロジー

怪我や病気を自ら治そうとする「自然治癒力」は本来だれもが持っていますが、現代人の多くはストレスなどでその力が衰えています。
リフレクソロジーは、血液やリンパ、気、エネルギーの流れをスムーズにし、体にたまった老廃物の排出を促し、自然治癒力を高めます。
また施術中は副交感神経が優位になり瞑想しているような状態に近づきます。

ラナクラニでは良質なエッセンシャルオイルとCBDオイルにより、さらに効果的なケアを提供しますので、幸せホルモンと呼ばれるオキシトシンの分泌を促し、幸福感、自己肯定感が増し、地に足がしっかりと着いた、ニュートラルな心と体の状態を感じることができるでしょう。
リフレクソロジーとはグラウンディングをさせてくれるセラピーといえます。

PAGE TOP